Japanese Curry AwardsJapanese Curry Awards

AWARDS

メインアワード

カレーや うえの

(東京)
住所: 東京都中野区白鷺3-1-1
電話: 非公開

 美味しいカレー屋さんを探すうえでは、インド・ネパール・タイ・欧風カレーを思い描くかもしれません。日本のカレー文化の象徴として昔ながらの「おうちカレー」を忘れていませんか?

 普段なにげなく食卓にあがってくるじゃがいもと人参が入ったお母さんのカレー。白熱した選考も終盤、最後のピースがハマった感覚です。外国人に美味しいカレー屋に連れて行くならどうしますか?日本に来てインドですか?欧風ですか?タイカレーですか?そう、それですよね。"ニホンスタイルノオイシイカレー"、「カレーや うえの」。東京のカレー、いや、おうちカレーの代表として相応しいと思います。

 最寄り"上野"ではなく西武鉄道の鷺ノ宮駅。おうちカレーを求めてわざわざ電車で小一時間かけて食べに来るだろうか。地元の人はもちろん、わざわざ遠方から食べに来るんですよ。「カレーや うえの」に到着。妙正寺川の畔にある商店街の一角。八百屋の横にポツリと佇むなんとも哀愁漂う外観。

 店頭メニューの豊富さに目を見張るものがあります。店内の壁面にもあれこれとカレーメニュー。特に揚げ物の種類が豊富で、まるで定食屋さん感覚。

 オーダーをして先ずはサラダが出てきます。千切りキャベツにドレッシング。シンプルなのにさりげなく美味しい。注文後にカツなどを揚げサクサク。もちろんこのスタイルは特別なわけじゃないですが。

 常連さんもいて和やかな雰囲気。そう、安心して入れるご近所のような温かさ。

 別の日のこと。Japanese Curry Awards 2014選出を報告し、僭越ながら「店主うえのさん」に直接アワードメダルを届けに行ったところランチ完売で閉店でした。なんでも月曜日は作業着を着たお客さんがドッと来て、ご飯が無くなってしまったそうです。味もボリュームも評判が高い証拠です。メダルは無事渡せたのが幸いでした。

 さてさて、話を戻して。なにやら厨房では仕上げにチキンカツを乗せ、チーズをかけてバーナーで炙ってます。出てきました!チキン・野菜カレー チーズ炙りのせ(950円)。渾身の一皿でボリュームも満点だ。お皿は先ほどのバーナーで熱々なので注意が必要です。

 最初に炙りチーズの部分は避け、裏側のカレールーの部分だけをパクリと一口。う、うまい。フルーティな野菜の甘みとジンワリくるスパイス。見た目おうちカレーでも「実はスパイスたっぷりで鮮烈なギャップ」を想像してしまいましたが、あくまでも優しいとろみのある普通のおうちカレー。

 じゃがいもや人参は別々に仕込み、じっくり手間暇かけて出来た店主の愛情溢れるカレー。なんと表現したらよいのでしょうか?「複雑に絡み合う普通のおうちカレー」とでも。

 チキンカツもサクサクでホッペが落ちそうです。僕は、「カレーや うえの」の伝えられて良かったと心底感動しています。ありがとうございました。美味しかったです。